2021年版 SwitchBot Hub Mini シーン追加方法

isaos blog2021年版 SwitchBot Hub Mini シーン追加方法 | isaos blog
2021 April 13th
switchBot Hub Mini                
「SwitchBot Hub Mini」で何ができる?
  • 他のサービスと連携できるようになる
  • Wi-Fi通信して、外から操作する事もできるようになる
  • 家中のリモコンを覚えさせる事ができる
    (テレビ・エアコン・照明などの家電をスマホやスマートスピーカーで操作)
  • アレクサなどのスマートスピーカーとも連携できる
    (「アレクサ、おはよー」でカーテン開いてテレビついてコーヒー淹れるとか)

このページでは、「シーン」の追加方法を紹介していきます。
例では、温度が35度になったらファンが回るという設定です。
これを行うには、「SwitchBot スマートプラグ」と「SwitchBot 温湿度計」が必要となります。

SwitchBot Hub Mini
学習リモコン Alexa – Google Home IFTTT Siriに対応。
SwitchBot スマートプラグ
いつでもどこでもスマホで家電や照明の電源を管理し、家電のオン・オフ状態を確認して、遠隔操作で電源のオン/オフを切り替えます。
SwitchBot 温湿度計
専用「SwitchBot」アプリをインストールして簡単3ステープでセットアップ完了。
「シーン」の追加方法

基本的には言われる通り進めるだけです。

switchBot Hub シーン

ホーム画面から操作したい項目を選択。例では「温室ファン」。

switchBot Hub シーン

「クラウドサービス」をタップ。

switchBot Hub シーン

「シーン」をタップ。

switchBot Hub シーン

「シーンを作成」をタップ。

switchBot Hub シーン

「条件を追加」をタップ。

switchBot Hub シーン

トリガーとなる機器を追加。例では「温湿度計」。

switchBot Hub シーン

温湿度計を選択した場合、「温度」か「湿度」かを選びます。ここでは「温度」をタップ。

switchBot Hub シーン

設定する温度と、「より高い」か「より低い」かを選びます。ここでは、「35度より高いとしました」。

switchBot Hub シーン

「アクションを追加」をタップ。

switchBot Hub シーン

アクションさせる機器を選択。例では「温室ファン」。

switchBot Hub シーン

先程設定した機器をどうするか?ここでは「オン」。

switchBot Hub シーン

有効期限が一日中になっている事を確認。

switchBot Hub シーン

有効期限を設定する。

switchBot Hub シーン

これで「温度が35度になったらファンが回る」設定の完了です。

SwitchBot Hub Mini
学習リモコン Alexa – Google Home IFTTT Siriに対応。
SwitchBot スマートプラグ
いつでもどこでもスマホで家電や照明の電源を管理し、家電のオン・オフ状態を確認して、遠隔操作で電源のオン/オフを切り替えます。
SwitchBot 温湿度計
専用「SwitchBot」アプリをインストールして簡単3ステープでセットアップ完了。
               
  • 楽天プレミアムカード
  • 驚くほど軽い!極上のビーズファニチャー【アンビエントラウンジ】
  • 楽天プレミアムカード
ISAOS
isaos design ホームページ制作を主として各種印刷物やイラストの作成を行っております。 気になる事とか質問・疑問などあればお気軽にお問い合わせください。
COMMENTS
Leave Your Message


上の計算式の答えを入力してください

switchBot Hub Mini